My Cinema Talk World: 「トゥリーズ・ラウンジ」 ー スティーブ・ブシェミ初監督作品。いい味出てます...

2014/02/23

「トゥリーズ・ラウンジ」 ー スティーブ・ブシェミ初監督作品。いい味出てます...


昔、レンタルビデオで借りて2回ほど繰り返して観ました。うーん、いい雰囲気出てるなぁ、主人公の男の腑抜け具合とふらふらした生き方が共感...というより好感を覚えましたねぇ。
ジム・ジャームッシュやコーエン兄弟の作品でよく観ていてお気に入りの俳優になっていたわりには、彼の監督作品とは知らなかったなぁ、その当時...なぜだか。
ただ、なぜそこまで酒に溺れるのかが理解できなかったんです。酒場で死を待つような老人がいてその目がまさに廃人で「こんな人もいるんだなー。呑みながら何を考えてるんだろう」なんて考えてしまいました。
クロエ・セヴィニーも「KIds」でお気に入りの女優さんだったし、なんとスティーブ・ブシェミの実弟も弟役で出演してる、ブシェミの息子も子役で出てるしで嬉しさも倍増です♪
あと、「イン・ザ・スープ」のシーモア・カッセルも出ております。
いつまでたってもDVD化されないのが残念です。なので、VHS機器を稼働させて観たのですよ、久々に。

trees4.jpg

ストーリー
個性派俳優スティーヴ・ブシェミ監督・脚本・主演によるラブ・ストーリー。さえない30男と17歳の少女との恋の行方を描く。『KIDS』のクロエ・セヴィニーが瑞々しい演技を披露。仕事もクビになり、行きつけのバーで飲んだくれるうだつの上がらない中年男トミー。彼は急死した叔父の仕事を受け継ぎ、アイスクリーム屋の移動販売をはじめる。そんなある日、偶然昔の恋人の姪デビーが乗り込んできた。やがてアイスクリーム屋を手伝い始めた彼女は、トミーに好意を寄せるが……。

( YAHOO映画 より)

キャスト
    スティーヴ・ブシェミ:トミー
    マーク・ブーン・ジュニア:マイク
    クロエ・セヴィニー:デビー
    エリザベス・ブラッコ:テレサ
    ダニエル・ボールドウィン:ジェリー
    キャロル・ケイン:コニー
    アンソニー・ラパーリア:ロブ
    シーモア・カッセル:アル
    サミュエル・L・ジャクソン:ウェンデル
    マイケル・インペリオリ:ジョージ
    ジョン・ヴェンティミリア:ジョニー

スタッフ・作品情報
監督      スティーヴ・ブシェミ
脚本      スティーヴ・ブシェミ
製作      ブラッド・ワイマン、クリス・ハンリー
音楽      エヴァン・ルーリー
撮影      リサ・リンズラー
編集      ケイト・ウィリアムス
公開      1996年10月11日(アメリカ)(日本公開 1997年8月16日)
原題      Trees Lounge

trees_1.jpg

もう、トミーだのジェリーだのデビーはたまたジョニーだ、ロニーだ...よくありがちな名前がちょっと混乱状態になっちゃいそうなのデス。
主人公はトミー(スティーブ・ブシェミ)、30代の独身男で元彼女 テレサが自分の兄と結婚してしまうんですね。テレサは妊娠中なのですが、実はお腹の子の父親はトミーなんです。ずっと彼女との関係を引きずっていて、おまけに会社の金を盗んでしまい(本人は返すつもりで借りたと言っているけれど)即刻クビの失業状態。いきつけの酒場「トゥリーズ・ラウンジ」で飲んだくれの日々。嫁に出て行かれてしまった、酒場に入り浸る男マイク(マーク・ブーン・ジュニア)と知り合い、お互い苦しい状態であることも手伝って意気投合します。

trees3.jpg

夏の間だけ亡くなった叔父(シーモア・カッセル)のアイスクリーム売りの仕事を任されるトミー、そうそう楽な仕事ってないものです…が、友達の娘 デビー(クロエ・セヴィニー)がアイスクリーム売りを手伝ってくれるようになり、17歳の色っぽいその娘はトミーに好意を寄せてるっぽい。トミーの人生も少しだけ上向きになってきて…。
トゥリーズ・ラウンジに集まる人たちの会話が酔っぱらいのバカ話なんだけれどとっても面白い、お互いけなし合っているように見えてさりげない優しさが感じられます。たとえば体を壊すほど毎日呑んだくれているトミーにトゥリーズ・ラウンジのマスターは「10ドルやるから1杯も飲まずに出て行け!」といいマジで10ドルあげてしまう始末、日本にこんなこと言う連中いるのかなー。こういうとこなんか粋なんだよねぇ♪
30男と17歳のかわいい女の子の恋物語では決してなくて、人生には浮き沈みがあり「あの時、あんな行動をとらなければ」「あの時こうしていれば」なんてことを繰り返しながらみんな生きているんだなぁってふわーっと感じさせてくれる素敵な映画です。
もう少し勇気があって男らしい行動をとっていたら、トミーもかわいらしい年下の奥さんをゲットできたのかもしれません。劇中に出てくるアイスクリームを買いに来ながらも常に買い逃してしまう小さな男の子が印象的。クロエ・セヴィニーがまだまだ初々しくショートカットがとても似合ってて、照れくさそうな表情がそれはもうかわいいのですよ。

trees_chloe1.jpg

それと、サミュエル・L・ジャクソンもちょい役で出ております...
最後に説教がましいけれど
「酒は呑んでも呑まれるな。自分でコントロールできなくなったらやめる方向を考えること!」
 お忘れなきよう...(影山風に)



監督タグ:スティーブ・ブシェミ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...