My Cinema Talk World: 子供への過剰な想い

2012/02/08

子供への過剰な想い

2012_02_08:: はじめに
この記事は、過去の車ブログを掲載したものです。
文中に、学童クラブに入所させる前だったために「お役所仕事」などと表現されておりますが実際は、先生方はとてもよく面倒をみてくださいました。
本当に感謝しております。



今週は、長かった....
息子が保育園生活を離れ、小学校の学童クラブに入った。
人によって意見に違いはあるのだが、同じ保育園に通うママさんが
”イジメなどがあるし、見てくれる人たちも所詮お役所仕事....
目を離した隙にケガしていたなんてこともよくあるみたいだからそんな所には大事なわが子は預けられない”
という。
 主人と私は、迷わずクラブに入れることに決めていた。
同じ年代の子供達と接することで、「社会性の基本となるもの」が身につくだろうと考えてそうした決断をしたのだ。
��幼少の頃、実家の母に息子を預けた結果、甘ったれになって失敗したことも理由の一つ)
そうは言っても、いざとなると心配で心配で仕方がない。

自分はかなりずぼらな性分なのだが、異常なほど心配性である。
学童クラブ初日など、仕事が手に付くどころではなかった。
昼休みにクラブに電話を入れて様子を聞いてみようとしたが、やっと思いとどまった。
会社が終わって、速攻でお迎えに行き教室を覗くとみんなと楽しそうに遊んでいる息子の姿が見えた。
知らない子が私に駆け寄り
「○○○とね、ずっとあそんでたよ!」
と既に息子を呼び捨てにしていた。
(関係ないが息子は”よびすて”を”よびすけ”という。)
ホッとして
「ありがとね、明日も遊んでね」
というとニコニコして
「うんっ!」
と元気で素直な返事が返ってきた。
今日など仕事もそこそこに速攻で迎えに行ったというのに(昨日は、最後から二番目のお迎えだったので)
「ねぇ、まま!あしたはもっと遅おむかえにして!!」
と言われてしまった。。。。
少し力が抜けるも...いいことだ!

よきかな、よき哉♪


そうそう....
留守電が入っていて
来週の入学式に息子に代表で六年生から花を受け取る役をやってもらえますか?
だって....
大丈夫なのかな^^;


写真
先日、当たった「INDY JAPAN」のチケットが届いたよ^^



注) 当初の記事より文章の修正や加筆をしています。

出典
2008年4月3日 私の車ブログ「週末がやってくるね。。。。」より