My Cinema Talk World: つっかかるなって!

2012/03/28

つっかかるなって!



いささかあてが外れた感がする一日だ。
詳細にいえば、まだまるまる一日は過ごしていないのではあるが。。。
なんと表したらいいのか…
今、ちょうどした表現が浮かばないけど
世界中のありとあらゆる事象が自分につっかかってくるとでも言ったらいいのだろうか。
カメラを準備して出掛けたが、ふと見回すとなんとも風景と自分の意欲がかみ合わない。
なんで、そこに杉の林があるの?
とか
ここに誰か歩いててくれたら…とか。
この辺りの家々の屋根の色や建物の並び方の凡々たること、この違和感は何なんだ?
一層薄ぼけて見える空の色、一応ファインダーを覗くがすぐにそれをやめる。
結局、相手に突っかかってるのは自分の気持ちなんぢゃないか。
そんな映画の舞台のようなステキな風景があちこちにあるはずもあるまいが。
自分が撮っている写真自体、一貫してありふれた瑣末な風景であったことを忘れるなよって。
やたらと、写真を撮りたい日もあるし、こんな日もある。
当然じゃないか。
気持ちよく、撮ってフィルムを取り出し現像してみたら何も写ってなかった虚脱感と絶望感のないまぜに押し寄せる、自分を殴り倒したいほどのイタタマレなさを最近味わったしorz
余談だけど。
そうそう毎日毎日楽しく過ごせるワケないわね。
そう思って落ち着くことにしたわ…
ある年齢からね、うん、ある年齢からよ…極々最近。

マドンナみたいな、世界を征服しつくした女性ですら「今度の曲は、最高だ」って絶賛される一方でタブロイド紙に「編みタイツ姿のお尻の衰え」のこととか書かれる訳だし、考えればいろんな人たちがその日その日不満を抱えて生きてる訳だ。

まー、マドンナのお尻の話はたまたま今朝のワイドショーで見たことを思い出しただけなんだけどね、ゴメンなさいませf^_^;)

他者と自分を比較してみること自体、よろしくない兆候なんですけどね。