My Cinema Talk World: 「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」― うむっ、おもしろいっ!

2014/04/27

「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」― うむっ、おもしろいっ!



マーベルものってスパイダーマンシリーズくらいしか観ていなくて...しかもサム・ライミ版の。最近ですよ、「アメイジング・スパイダーマン」観たのって。CSでね。
ここのところ、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の評価がいいみたいなのと”ウィンター・ソルジャー”って言葉がなんとなし物悲しく響くから、そそられて劇場で観てまいりました。
「キャプテン・アメリカ」の前作って観たことないので、予備知識とか全くありません。どんなヒーローなのかもわからないし、第一”キャプテン・アメリカ”っていうのがヒーローの名前だなんて分からなかった。それほど無知な私でした。
しかしながら、面白かった手 気がつけば、あれ?もうエンドロール??ってカンジ。
2Dで観たのですが、3Dで字幕があればそちらをもう一度観たいです。この近辺ではやってないでしょうねぇ...悲しい

キャスト
クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)
スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)
セバスチャン・スタン(バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー)
アンソニー・マッキー(サム・ウィルソン/ファルコン)
コビー・スマルダーズ(マリア・ヒル)
フランク・グリロ(ブロック・ラムロウ/クロスボーンズ)
エミリー・ヴァンキャンプ(シャロン/エージェント13)
ヘイリー・アトウェル(ペギー・カーター)
ロバート・レッドフォード(アレクサンダー・ピアース)
サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)

スタッフ・作品情報
監督     アンソニー・ルッソ 、ジョー・ルッソ
製作総指揮     ルイス・デスポジート 、ヴィクトリア・アロンソ 、
マイケル・グリロ 、スタン・リー
脚本     クリストファー・マルクス 、スティーヴン・マクフィーリー
音楽     ヘンリー・ジャックマン
撮影     トレント・オパロック
編集     ジェフリー・フォード
製作会社     マーベル・スタジオズ
配給     ウォルト・ディズニー・スタジオ
原題     CAPTAIN AMERICA: THE WINTER SOLDIER
公開     2014年4月4日(アメリカ) 2014年4月19日(日本)
製作費     $170,000,000
興行収入     $505,796,745

ストーリー
※ 他サイトからの引用です、ネタバレっぽいカンジなのでご注意を。。。

 アベンジャーズのメンバーとして戦ってから2年、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)はS.H.I.E.L.D.(シールド)の一員として活動していた。ある日、キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)を世界屈指の暗殺者ウィンター・ソルジャーが襲撃。さらにウィンター・ソルジャーの正体は、キャプテン・アメリカの親友で第2次世界大戦で亡くなったバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)で……。


シネマトゥデイ より)

captain-america1.jpg


キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスが古風な顔立ちでかえって新鮮です。ちょっぴり古めかしいキャプテン・アメリカの衣装を着るとこれまたなんといいますか、武器となる円形の盾をちょこんと背負うと亀さんの甲羅みたいでかわいいはーと
なんだか昔のブリキのおもちゃっぽくてすごくキュートなのよー。
前半のフューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が襲われるところはほんとハラハラしたし、もの凄かった。。。心臓が弱いので過呼吸になるかと思いましたわー、ほんと。
captain_america_falcon.jpg
新たに加わるキャラクター、ファルコン(アンソニー・マッキー)も空を縦横無尽に飛び回る姿が爽快で楽しくなっちゃいました。戦いの時は「悪いヤツらに殺られないでね」って身を固くして見守っていました。
前記の物悲しく響いた「ウィンター・ソルジャー」のお話になりますが、これはキャプテン・アメリカの強敵、謎の暗殺者の名前なのですが、結局のところウィンター・ソルジャーの正体は前述のネタバレっぽい他サイトからの引用通りでありまして、哀しい過去の物語に繋がって行きます。暗殺者ウィンター・ソルジャーは戦争の残虐な殺戮に疑問を抱きつつも国のために戦わねばならないというジレンマを抱く兵士のメタファーなんですね。
Captain_America_TheWinterSoldier_SebastianStan.jpg
大国アメリカもイラク戦争から9.11を経て国民の戦争に対する意識が大きく変化しています。国の兵士として戦う人々も疑念を抱きつつも務めは果たさねばならない。そんな現実を作品に含ませているんですね、しつこくない程度に。国が決める「正義」とするものが他の人たちにとってのそれとは限らない。悪と善かの判断は人それぞれ、置かれた立場によって違ってきます。
堅苦しい解説になりましたが、ゴールデン・ウィークにオススメの1本です。
それにしても、またまた映画中にトイレに立ってしまったのでありますが、最初あんなだったサミュエル・L・ジャクソンが席に戻って来たらあんな風になっていたのでビックリでした。次回から映画のときは水分は控えめにしようと心に誓いました。

無理矢理映画に付き合わせたダンナさまも夢中でみておりました。
スカーレット・ヨハンソンについて「美人さんあだったでしょ?」って訊いたら「声がすごくいいよね。」と...
まぁ、なかなか目の付け所がよいですわね拍手
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村                  


人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...