My Cinema Talk World: Cinema music No.5 ― 映画の中のピアノシーン・ピアノ曲

2014/04/19

Cinema music No.5 ― 映画の中のピアノシーン・ピアノ曲



久しぶりの音楽ネタになりますあせ

「映画の中のピアノ」ということで私がすきな映画の中のピアノ曲、そしてピアノを弾く印象的なシーンという特集です。


さっそくこちらの名シーン。
ジェーン・カンピオン監督 ピアノ・レッスン(The Piano 1993)から。。。
アンナ・パキンが10歳頃です。(アカデミー賞助演女優賞を獲得しましたね。)









関連商品
      眺めのいい部屋



次はジャン=ジャック・ベネックス監督 ベティ・ブルー(37°2 le matin 1986)から。大好きなシーンです。


この作品も何度繰り返して観たことか。名作です。
ジェームズ・アイボリー監督眺めのいい部屋(A Room with a View 1986)
ヘレナ・ボナム・カーターが初々しくてかわいい♥
ダニエル・デイ・ルイスも怪演を披露してくれました。階段に座って靴下を上げるシーン、そして背筋を伸ばして階段を上るさまが脳裏に焼き付いています。「ドラゴン・タトゥの女」に脇役で出演していたジュリアン・サンズも若々しい!
ジュディ・デンチとマギー・スミスのコンビが笑っちゃうんですね、これが。
曲はベートーベンのピアノソナタ Waldstein…らしいです(私、クラシックって曲名全然わからんのです^^;…聴いてて好きな曲は結構あるのですが)


次は、ニール・ジョーダン監督インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(Interview with the Vampire 1994)
レスタト(トム・クルーズ)のピアノシーンです。こちらは曲名を調べました..ハイドンの「ピアノ・ソナタ 第59番 変ホ長調 HOB.XVI/49 アダージョ・カンタービレ」だそうです。
もう、トム・クルーズが役になりきってます!キルスティン・ダンストが10歳くらいかな。



ジャン=ジャック・ベネックス監督作品ディーバ(Diva 1981)のサントラからの1曲 「sentimental walk」です。



比較的最近の作品から。イノセント・ガーデン(Stoker  2013)
ミア・ワシコウスカがピアノを奏でるシーン…2人の絡み付く視線としなやかに動く指先が
官能的ですよね。



こちらもニール・ジョーダンのヴァンパイアものです。DVD見ましたが、ブログに感想は書いてないです、まだ…。ミア・ワシコウスカもそうですが、美少女がピアノを奏でるシーンはゾクゾクっときますよ、ほんと。
ついでですが、サム・ライリーが好きです、私。
エレノア(シアーシャ・ローナン)がピアノを奏でるシーン。

ビザンチウム(Byzantium 2013)より


最後はピアノを弾くシーンではありませんが、曲が大好きで聴くたびラストシーンを思い出して泣けてくるんですねー。いい映画です。
最強のふたり(Intouchables 2011)から
(そいえばこちらもブログには感想書いてませんでした…近々upいたします)



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村                  


人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...