My Cinema Talk World: わくわくだったり、しくしくだったり。

2014/06/03

わくわくだったり、しくしくだったり。


うぅ、最近気温の上り下がりが激しいせいかずっと胃腸の調子がよろしくない。
それに追い打ちをかけて息子の中間テストの結果がでたようで….というか結果をカバンの中に隠していたというテイタラクで情けないやら腹立たしいで余計に腸が捻れるように痛い。
ポール・マッカートニーと同じ病気に罹っているのではあるまいか。とにかく、自分は弱い人間である。
こんなありさまではこの先いつまで生きて行けるかわからない。息子が中学を卒業する前に墓に入るようになるのではないか。



時々、よく「あの頃のこと」ばかり思い出すようになった。
あのときは楽しかったなぁ
とか
あそこに行ったときは楽しかったよなーーー
などなど。

その割には先日行った宇都宮の映画館が無性に楽しくてウキウキソワソワしていたのだ。
子供なのかお前は?というくらい1人で喜んでいたのだ。ダンナと息子が別な映画を観賞している間にロビーを歩き回ったりグッズ売り場を見学してパンフレットを買って。

いやぁ、楽しかった。今度は夜行きたい。昼間じゃなく、夜行きたい!
果たして家族はつきあってくれるのだろうか…こんなわがままに。
そうそう。出がけの朝マックだ。久々に朝マックのスクランブルエッグを食べて大喜びもしたのだ。
車の中ではイエスタディとかオール・マイ・ラヴィングとか高らかに歌いだしたり。なんだったのだ、あのハイテンションっぷり。
参ったよー、自分にもこんな溢れるようなときめきっていうの?それ、それ…そんな感情が残っていたのか…あはは。

嗚呼、明日の会議は代役をつとめることになるのかしら…