My Cinema Talk World: 7月 2014

2014/07/08

「her/世界でひとつの彼女」— 人間性をも凌駕してしまったAI。


長い間待ち望んだ映画を地元から少し離れた隣県栃木まで出向き観てまいりました。
実は、我慢できず海外版DVDを予め観ていたのですが、やはりこの作品は劇場で観なければならない…そういう熱い想いに至りました。。
自宅でDVDで観るのとはひと味もふた味も違って見えました。
昨日観た劇場はMOVIX宇都宮のシアター4。こじんまりしたスペースでスクリーンも程よい距離感で席はほぼ中央でした。

ストーリー
そう遠くない未来のロサンゼルス。
ある日セオドアが最新型のAI(人工知能)型OSを起動させると、画面の奥から明るい女性お声が聞こえる。
彼女の名前はサマンサ。AIだけどユーモラスで純真で、セクシーで誰より人間らしい。
セオドアとサマンサはすぐに仲良くなり、夜寝る前に会話をしたり、デートをしたり、旅行をしたり…一緒に過ごす時間はお互いにとっていままでにないくらい新鮮で刺激的。
ありえないはずの恋だったが、親友エイミーの後押しもあり、セオドアは恋人としてサマンサと真剣に向き合うことを決意。
しかし、感情的で繊細な彼女は彼を次第に翻弄するようになり、そして彼女のある計画により恋は予想外な展開へ ―― 。
公式サイトより)

キャスト
    ホアキン・フェニックス    セオドア・トゥオンブリー
    エイミー・アダムス    エイミー
    ルーニー・マーラ    キャサリン
    オリヴィア・ワイルド    デートの相手
    クリス・プラット    ポール
    マット・レッシャー    チャールズ
    ポーシャ・ダブルデイ    イザベラ
    スカーレット・ヨハンソン    サマンサ(声のみ)

スタッフ・映画情報
監督:    スパイク・ジョーンズ   
脚本:    スパイク・ジョーンズ   
撮影:    ホイテ・ヴァン・ホイテマ   
美術:    K・K・バレット   
衣装デザイン:    ケイシー・ストーム   
編集:    ジェフ・ブキャナン    エリック・ザンブランネン   
音楽:    アーケイド・ファイア    オーウェン・パレット
製作会社     アンナプルナ・ピクチャーズ
配給      ワーナー・ブラザーズ(アメリカ合衆国)アスミック・エース(日本)
公開      2013年10月13日(アメリカ合衆国 NYFF)
         2014年1月10日(アメリカ合衆国の旗)
         2014年6月28日(日本)
公式サイト:    http://her.asmik-ace.co.jp/



2014/07/05

「早熟のアイオワ」 — 邦題は納得できない...けど好きな作品です


DVDの発売はまだ先ですが、少し早く観ました。2008年の映画です。


早熟のアイオワ(原題:The Poker House)

監督:ロリ・ペティ / 製作年:2008年



解説・ストーリー
「ハートブルー」「プリティ・リーグ」などで知られる女優ロリ・ペティが自ら監督・脚本を務め、売春婦の母親と暮らす少女の日々をつづった自伝的作品。主人公アグネスを演じるのは、2008年製作の本作の後に「ハンガー・ゲーム」(12)や「世界にひとつのプレイブック」(12)に主演して活躍するジェニファー・ローレンス。同じく後に「キック・アス」(10)でブレイクするクロエ・グレース・モレッツが妹役で共演している。1976年、アイオワ州の小さな町に暮らす14歳の少女アグネスの家には、夜ごとドラッグディーラーや賭博、セックスを目的とした男たちがやってくる。母親はアグネスに売春を強要し、そんな絶望的な状況の中でも、アグネスは2人の幼い妹を守りながら必死に生き抜こうともがく。しかし、やがてある事件が起こり……。
映画.com より)

キャスト
ジェニファー・ローレンス
ボキーム・ウッドバイン
ソフィア・ベアリー
クロエ・グレース・モレッツ
デビッド・アラン・グリア

スタッフ
監督 ロリ・ペティ
製作 マイケル・ドゥベルコ
原案 ロリ・ペティ、デビッド・アラン・グリア
脚本 ロリ・ペティ
製作年     2008年
製作国     アメリカ
配給     アットエンタテインメント
原題      The Poker House
公式サイト http://www.at-e.co.jp/2013/iowa222.html




たまたまTSUTAYAを散策していたら新譜コーナーに置いてあり、「こ、これは…観ておかなければならんだろ!」って意気込んで借りて参りました。
それにしても「早熟のアイオワ」って邦題が久々に「やめてあげてー!!」レベルのクオリティですわ。観たい気分も少し萎えてしまう感あり。
確かにジェニファー・ローレンス演じる主人公は14歳にしてはかなり早熟であることは確かですよ、だけどタイトルに唐突にも「早熟」って、どうですか。
岡村靖幸にならうくらい潔くシンプルに「早熟」とか「早熟ガール」の方がまだマシじゃない?
それとも「アニエス、たぶん14歳」とかさ。これも岡村ちゃん風だけどね、主人公の女の子の名前のアニエスをとって。
(ただの「アニエス」にしちゃうとなんとなしに修道女のイメージだから)
とにかくタイトルが安っぽいので意見させていただきました。



内容は率直にいうとわたくし好きです、青春映画ですよ!しかも80年代映画でたまに見かけてたかわいい女優さんロリ・ペティの自伝的な映画で自ら書いて監督してってワケで何役もこないしています。
自伝なので画面からは自然に彼女の熱い想いが伝わってきます。
そのロリ・ペティ本人(役名はアグネスだけどね)を演じるのがジェニファー・ローレンスです。
人気女優というより名優と呼びたいですね、何度も言うけど天才的な表現力と天性のオーラを持っています。
どうしようもない堕落しきった人間で体を売ったりしながら生活していて14歳になった娘にまで売春させようとしている酷い母親がいます。
アグネスの末の妹役はクロエ・グレース・モレッツです。
いわずもがなですよ、かわいいに決まってます!
年だって10歳って特別かわいい盛りなんだもの。
彼女たちのまわりには人のよい黒人たちがいつもやさしく接してくれているのだけど、悪い黒人さんもいて痛い目にあわされる、彼に憧れを抱いてもいたの純粋な気持ちを踏みにじられてしまう。
それでも姉妹3人は力強く生きていく ―― アグネスが母親がわりになりしっかり妹たちを守っている、「ウィンターズ・ボーン」のリーたちと同じような境遇なのです。
「子供は親を選べない」とよく言われますがまさにその通り、この母親本当に酷過ぎます。実話なら(実話なんですよ、繰り返しますが...)、ロリ・ペティさんは母親を赦すことができたのかしら個人的にも気になるところ。
姉妹3人で車の中でかわいらしく力強く歌う名曲「Ain't no mountain high enough」のシーン、見事ズバっと射たれました…歌詞がくるんですね、この姉妹の状況にハマってるからこそ。




にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


映画 ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...