My Cinema Talk World: 8月 2014

2014/08/28

『マイ・フレンド・フォエバー』 ー あの頃のレンフロがよみがえる ー


子役をドラッグから守るべきだね

久しぶりに「マイ・フレンド・フォエバー」を観ました。
DVDで観るのは初めてです。
1996年あたりの作品だがなぜか何年もの月日を経てようやくDVD化されたのです。
どうせならブラッド・レンフロが亡くなってすぐ発売されればよかったのに。
この作品、日本では「マイ〜・シリーズ」というかなり軽いノリで扱われていて皮肉なことにブラッド・レンフロ存命中はそれほど注目されず、亡くなってしばらくしてから評価されるようになったように感じます。
初見はまだ独身で実家にいる頃、WOWOWで放映されたのを初めて観て痛く感動し、再放送でビデオに録画して繰り返し何度か見直していました。
ブラッド・レンフロが輝いていたのはこの作品と「依頼人」だと思えるのは少年時代の限られた時期に放たれるオーラのせいでしょうか。
悲しいかな、ブラッドもハリウッド子役スターの辿る道を歩んでしまいました、25歳で亡くなる最後のインタビューの動画を観ましたが何もかも(とくに容姿が!)変わってしまっていて驚きました。
少し遡ってエドワード・ファーロング然り... 子役俳優をドラッグやアルコールから守る新たなシステム、プロジェクトを作るべきではと思います。

キャスト
エリック:ブラッド・レンフロ
デクスター:ジョゼフ・マゼロ
リンダ(デクスターの母):アナベラ・シオラ
ゲイル(エリックの母):ダイアナ・スカーウィッド
スティーヴンス医師:ブルース・デイヴィソン

スタッフ
監督     ピーター・ホルトン
脚本     ロバート・クーン
製作     マーク・バーグ エリック・アイスナー
音楽     デイヴ・グルーシン
撮影     アンドリュー・ディンテンファズ
公開     1995年4月21日(アメリカ) 1995年8月12日(日本)
原題 The Cure

ストーリー
エリックの家の近くに、ある少年が引っ越してきた。彼の名はデクスターといい、HIVに感染していた。初めは彼を警戒するエリックであったが、次第に打ち解けあい、友情を深め合う。
雑草を煎じて飲ませ、エイズに有効な特効薬を探すも、失敗する。
ある日、エリックとデクスターはニューオーリンズで「エイズの特効薬が見つかった」というゴシップ雑誌を目にし、ニューオーリンズへ繋がっているという川を下る旅に出る。
(Wiki より)

2014/08/25

「6才のボクが、大人になるまで。」(原題:Boyhood) ー 日本公開11月14日。まだまだ先だよぉー


少し前に映画批評サイト、Rotten Tomatoesで「Boyhood」という作品が100%という好評価がされていたので気になって仕方がありませんでした。
2014年1月19日にサンダンス映画祭で初お披露目、7月14日に北米の5館で限定公開されて大絶賛、すでにベルリン国際映画祭をはじめ各賞を獲得しております。
この映画は「恋人までの距離」3部作、「ニュートン・ボーイズ」、「スキャナー・ダークリー」などなど面白い趣向の作品を手がけてきたリチャード・リンクレイター(Richard Linklater)が監督しております。



先週フジテレビの朝のテレビ番組を見ていたところ映画紹介コーナーにて早くも話題にされていたのでさすがに異例の反応にビックリもしました。
その時初めて邦題が「6才のボクが、大人になるまで。」であることを知ったわけであります。
「6才のボクが、大人になるまで。」
この作品の何がおもしろいかといえば

2014/08/19

『Dearフレンズ(1995)』ー いいぢゃないのぉ〜、女の子たちがかわいいんだから!


日本で公開当時、劇場で見た懐かしい作品です。
「デミ・ムーア、メラニー・グリフィス出演、4人の女性の子供時代のお話か…ふむう、面白そう」
ってことで速攻見に行きました。自分の中でさまざまな気持ちが蘇ってくる思い入れが強い作品です。

ストーリー
インディアナ州、ガスライト・アディションの街。主婦クリシー(リタ・ウィルソン)の家に、医師のロバータ(ロージー・オドネル)、作家のサマンサ(デミ・ムーア)、女優のティーニー(メラニー・グリフィス)の幼なじみが十数年ぶりに集まった。2度の流産を経験し現在臨月のクリシーは、「誰かが必要とすれば皆集まる」という12歳の時の約束を持ち出して、皆を呼んだのだ。今では違う人生を歩いている彼女たちだったが、かつて全員でお金を溜めて買った庭のツリー・ハウスを見た時、4人は一気にあの頃に引き戻された……。70年の夏。優等生のサマンサ(ギャビー・ホフマン)は両親の仲が悪いことに心を痛めている。ロバータ(クリスティーナ・リッチ)は母を事故で亡くし、父親と3人の兄と暮らして男勝りの性格。ませたティーニー(ソーラ・バーチ)は胸に詰め物をして男の子にアピールし、将来は女優志願。厳しい母親に育てられたクリシー(アシュレイ・アストン・ムーア)は、純情潔癖な泣き虫。ある日、サマンサは、皆に墓場での降霊会を提案する。25年前に12歳で死んだと墓碑にあるジョニーの霊を呼ぼうとするが失敗した...
映画comより こちらではネタバレ的なあらすじを紹介しています。)




キャスト
    クリスティーナ・リッチ/Roberta(少女時代)
    ロージー・オドネル/Roberta
    ソーラ・バーチ/Teeny(少女時代)
    メラニー・グリフィス/Teeny
    ギャビー・ホフマン/Samantha(少女時代)
    デミ・ムーア/Samantha
    アシュレイ・アストン・ムーア/Chrissy(少女時代)
    リタ・ウィルソン/Chrissy

スタッフ
監督
    レスリー・リンカ・グラッター
脚本
    I・マーレーン・キング
製作総指揮
    ジェニファー・トッド
製作
    スザンヌ・トッド
    デミ・ムーア
撮影
    ウェリ・スタイガー
音楽
    クリフ・エデルマン
原題      Now and Then
製作年      1995年

2014/08/10

「 ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 」ー 年老いた父親と孝行息子が織りなす極上のロードムービー ー


ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」もDVD化され、例によって大好きなTSUTAYAにてレンタルし、一気見しました。
監督はロードムービーを撮らせたら5本の指に入る監督と言われているかもしれない…ミスター・ロードムービー「サイドウェイ Sideways (2004) 」のアレクサンダー・ペインさん、そしてまさかのモノクロ(あらかじめ知ってましたが^^;)です。
若干長尺の115分です。

ストーリー
100万ドルが当たったという通知を受け取ったウディ(ブルース・ダーン)。それはどう見てもインチキだったが、徒歩でもモンタナからネブラスカまで金を受け取ろうとするウディに息子のデイビッド(ウィル・フォーテ)が付き添うことに。こうして始まった父と息子の4州をまたぐ車での旅。途中、立ち寄った父の故郷で、デイビッドは父の意外な過去を知ることになる。
YAHOO映画より)

キャスト
    ブルース・ダーン - ウディ・グラント
    ウィル・フォーテ - デヴィッド・グラント
    ジューン・スキッブ - ケイト・グラント
    ステイシー・キーチ - エド・ピグラム
    ボブ・オデンカーク - ロス・グラント
    マリー・ルイーズ・ウィルソン(英語版) - マーサ伯母さん
    ミッシー・ドーティ - ノエル
    アンジェラ・マキューアン - ペグ・ナギー
    ランス・ハワード - レイおじさん
    デヴィン・ラトレイ - コール

スタッフ
監督      アレクサンダー・ペイン
脚本      ボブ・ネルソン
製作      アルバート・バーガー ロン・イェルザ
製作総指揮     ダグ・マンコフ、ジョージ・パーラ、ジュリー・M・トンプソン
音楽      マーク・オートン
撮影      フェドン・パパマイケル
編集      ケヴィン・テント
製作会社     フィルムネーション・エンターテインメント
配給     パラマウント・ヴァンテージ(アメリカ合衆国)ロングライド(日本)
公開     2013年5月23日(フランス CIFF) 2013年11月15日(アメリカ合衆国)
2014年2月28日(日本)
原題 Nebraska


「 ラッシュ/プライドと友情 」ー 真実に基づく二人のレーサーの友情の物語


 すっかりご無沙汰しておりました。お仕事のサイクルが変わり、一日のほとんどを職場で過ごし帰宅すれば映画を観賞するのが精一杯で感想upまで体力が残っておりませんでした^^;
ラッシュ/プライドと友情」がDVD販売され、いきつけのTSUTAYAの新譜コーナーに陳列されていたのでレンタルして観ました。
実は、2月にすでに観賞しておりましたが、感想は書いておりませんでした。実在する2人のF1レーサーの真実に基づく物語で当然ながらサーキットでのレースシーンなどがほどよくちりばめられており、小細工なしで分かりやすく纏められております。

ストーリー
1970年代、毎年2人が事故で死亡するF1の世界で伝説となった2人のレーサーが存在した。
ジェームズ・ハント(クリス・ヘムズワース)は野性的思考であり、毎日を人生最期の日の様に謳歌する豪放なプレイボーイで、勘を活かした走りを得意としていたイギリス人。ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)は「コンピュータ」と評される論理的思考であり、レーサーのイメージとはかけ離れた勤勉な男で、工学の知識を活かして自らマシンを整備する走りを得意としていたオーストリア人。全く正反対の性格の2人はやがてライバル関係となり、度々レースで競い合う仲になる。
そして1976年― シーズン成績1位を独走するラウダとそれを追うハント。ドイツグランプリのその日は朝から豪雨でニュルブルクリンクサーキットの状態が悪かったため、レースを決行するべきかどうか審議が行われた。ラウダは中止を主張したが、ハントは決行を支持し、最終的に予定通り開催されることとなった。しかし、そのレースでラウダはクラッシュし、生死をさまよう重症を負ってしまう。ハントは彼のクラッシュの原因が自分にあると考えショックを受けるが、その後のラウダが参加できないレースでラウダとの差を埋めていく。一命は取り留めたラウダは、病院でその様子を見て奮起し、事故後わずか42日後にレースに復帰するが......
wikipediaより)

キャスト
    ジェームス・ハント:クリス・ヘムズワース
    ニキ・ラウダ:ダニエル・ブリュール
    スージー・ミラー:オリヴィア・ワイルド
    マルレーヌ・クナウス:アレクサンドラ・マリア・ララ
    クレイ・レガツォーニ:ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ
    ルイス・スタンレー :    デヴィッド・コールダー
    ナース・ジェマ:ナタリー・ドーマー
    アラステア・コールドウェル:スティーヴン・マンガン
    アレクサンダー・ヘスケス:クリスチャン・マッケイ
    スターリング・モス:アリスター・ペトリ
    バブルス・ホースリー:ジュリアン・リンド=タット
    テディ・メイヤー:コリン・スティントン
    ハーベイ・ポスルスウェイト:ジェイミー・デ・コーシー     エンツォ・フェラーリ:アウグスト・ダラーラ    
    ハンス・ラウダ:ハンス=エッカート・エックハルト
    ルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロ:イラリオ・カルボ     ガイ・エドワーズ:ジェームス・ノートン

スタッフ
監督     ロン・ハワード
脚本     ピーター・モーガン
製作     ロン・ハワード、ブライアン・グレイザー、アンドリュー・イートン、エリック・フェルナー、ブライアン・オリヴァー、ピーター・モーガン
製作総指揮     トビン・アームブラスト、タイラー・トンプソン、トッド・ハロウェル
音楽  ハンス・ジマー
撮影  アンソニー・ドッド・マントル
編集  ダニエル・P・ハンリー、マイク・ヒル
配給     ユニバーサル・ピクチャーズ(アメリカ合衆国)
スタジオカナル(イギリス)
ギャガ(日本)
公開 2013年9月13日(イギリス)
   2013年9月20日(アメリカ合衆国)
   2014年2月7日(日本)
原題 Rush