2014/09/22

ちょっとしたお知らせ。

リクルートライフスタイル ギャザリーにライフスタイルのキュレーターとして参加させていただいています。

ギャザリーとは
『ギャザリー』は、リアルな生活を充実させるためのキュレーションメディアです。飲食・美容・旅行・ファッションを中心とするライフスタイル領域に特化し、その分野のスペシャリストが編集する記事をユーザーに提供することで、人々が日々の生活の中でよりよい選択をするための手助けをします。
YOMIURI online より)

今まで6記事ほど掲載させれています。


夏の終り、ノスタルジックな気持ちにさせられる映画






「6才のボクが、大人になるまで。」−リチャード・リンクレイター監督が12年かけて完成させた話題作





映画の中のおしゃれでキュートなちょっぴりエキセントリックな女の子たち




公開から30年! 『ゴーストバスターズ』が帰ってくる!!






「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督 初3D映画「天才スピヴェット」がおもしろそう






2014年秋冬 10月~11月公開 この映画がおもしろい!!







キュレーター名は、なかやまジントニックです(単純にジントニックが大好きなだけ...)
宜しくお願いします。

ブログランキングならblogram

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


映画 ブログランキングへ

2014/09/18

『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』― 時間の大切さを再認識できる映画



「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」を一足先に観ることができました。
タイムスリップできる男の話って聞いて勝手に「バタフライ・エフェクト」のような入り組んだお話を妄想していたのですが、シンプルで期待していた以上に感動しました。
...心洗われる作品でしたね。

ストーリー
イギリス南西部コーンウォールに住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。
どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。
そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティム。

弁護士を目指してロンドンへ移り住んでからは、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。
ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに!

なんとか彼女の愛を勝ち取り、その後もタイムトラベルを続けて人とは違う人生を送るティムだったが、やがて重大なことに気がついていく。どんな家族にも起こる不幸や波風は、あらゆる能力を使っても回避することは不可能なのだと。そして、迫られる人生最大の選択――。
公式サイト より)

キャスト
    ティム・レイク:ドーナル・グリーソン
    メアリー:レイチェル・マクアダムス
    ティムの父:ビル・ナイ
    キット・カット (ティムの妹):リディア・ウィルソン
    ハリー:トム・ホランダー
    シャーロット:マーゴット・ロビー
    ティムの母:リンジー・ダンカン

スタッフ・作品情報
監督:リチャード・カーティス
脚本:リチャード・カーティス
製作:ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、ニッキー・ケンティッシュ・バーンズ
撮影:ジョン・グレセリアン
製作会社:ワーキング・タイトル・フィルムズ レラティビティ・メディア
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ(アメリカ合衆国)
公開     2013年9月4日(アメリカ合衆国)
2013年11月3日(イギリス)
2014年9月27日(日本)
製作国:イギリス アメリカ合衆国
製作費     $12,000,000
興行収入     $87,000,000


2014/09/15

ローリング・ストーン誌が選ぶ2014年ベスト・ワースト映画についてのこと

今年のベスト、ワーストを決めちゃうのにはまだ早すぎる気はするけど、ローリング・ストーンが早くもこんな記事を公開しておりました。

The Best and Worst Movies of 2014 So Far (2014/6/27)


こちらの記事によりますと結果は(ベスト・ワースト7作品)

2014/09/14

「マダム・イン・ニューヨーク」 — サリーと英会話とインドのお菓子が流行る...かも。


遅ればせながら「マダム・イン・ニューヨーク」観てきました。
インド映画は苦手意識が強くて『ムトゥ 踊るマハラジャ』くらいしか観ていません…しかもすっかり内容忘れてるし頭の中ではいつの間にか「マツケン・サンバ」が浮かんでいます^^;
「マダム・イン・ニューヨーク」は予めテレビの映画紹介で予告を観てどんな映画かの予備知識があったのですが、予想を裏切らない作品でした。

ストーリー
シャシは二人の子供と夫に尽くす普通の主婦。悩みは家族の中で自分ひとりだけ英語ができないこと。夫や子供たちにからかわれるたびに傷つくシャシ。ある日NYに住む姪が結婚するとの連絡が入る。結婚式の手伝いのため彼女一人だけ先にNYに出発することになる。NYに着くなり英語が通じずひどく落ち込んでしまう。そんな彼女の目の前に飛び込んできたのはバスに貼られた「4週間で英語が話せる」という英会話スクールの広告。シャシは周りに内緒で英会話スクールに通い始める。仲間と一緒にに英会話を学んでいくうちに、ひとりの人間として自信を取り戻していく。しかし遅れてNYにやってきた幼い息子が彼女がスクールに行っている間にケガを負い、母親としての自覚や責任感に欠けていた自分を責め、卒業を目前に学校へ通うことを諦めてしまう。

キャスト
シュリデビ: シャシ
アディル・フセイン: サティシュ
アミターブ・バッチャン: 航空機の乗客
メディ・ネブー: ローラン
プリヤ・アーナンド: ラーダ

スタッフ・作品情報
原題     English Vinglish
製作年     2012年
製作国     インド
配給     彩プロ


2014/09/12

『とらわれて夏』 ー 忘れられないあの夏の5日間の物語 ー



劇場公開された時、見たかったけれど近くの劇場ではかなり遅れての公開だったのであきらめてしまった作品です。
あきらめて見なかったというか、ネット上の感想や評価がイマイチで「凡庸」とか「ストーリーに面白みがない」などなど...ことごとく低評価が目立っていました。
なので自分もだんだん熱が冷めてしまったというのが本当のところです。

ストーリー
アメリカ東部の静かな町。9月はじめのレイバー・デイを週末にひかえたある日、心に傷を負ったシングルマザーのアデルと13歳の息子ヘンリーは、偶然出会った逃亡犯のフランクに強要され、彼を自宅に匿うことになる。決して危害は加えないと約束したフランクは、家や車を修理し、料理をふるまい、ヘンリーに野球を教える。やがてヘンリーはフランクを父のように慕い、アデルとフランクも互いに惹かれ合っていく。
ともに過した時間の中で、ついに3人は人生を変える決断を下す――。
公式サイト より)

キャスト
アデル・ウィーラー - ケイト・ウィンスレット
フランク・チェンバース - ジョシュ・ブローリン
ヘンリー・ウィーラー - ガトリン・グリフィス
成人後のヘンリー・ウィーラー / ナレーター - トビー・マグワイア
青年期のフランク・チェンバース - トム・リピンスキー
マンディ - マイカ・モンロー
ジェラルド - クラーク・グレッグ
トレッドウェル巡査 - ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク
ジャーヴィス氏 - J・K・シモンズ
イヴリン - ブルック・スミス
エレノア - ブリード・フレミング
マージョリー - アレクシー・ギルモア

スタッフ・作品情報
監督・脚本:     ジェイソン・ライトマン
原作:     ジョイス・メイナード『レイバーデイ』
製作 :    リアンヌ・ハルフォン、ラッセル・スミス
      ジェイソン・ライトマン、ヘレン・エスタブルック
音楽:     ロルフ・ケント
撮影:     エリック・スティールバーグ
製作会社:     インディアン・ペイントブラッシュ
配給:     パラマウント映画
公開:     2013年8月29日(アメリカ合衆国 TFF)
2013年12月25日(アメリカ合衆国 )
2014年5月1日(日本 )
原題:     Labor Day


2014/09/10

夏の終り、ノスタルジックな気持ちにさせられる映画 7選

暑い夏が終わると不思議とノスタルジックな映画がみたくなるもの。こんな時期にピッタリな「あの頃」を思い出させるティーンが主人公の映画を並べてみました。
(紹介する作品は過去記事と多少重複しています)




2014/09/07

『LUCY/ルーシー』がある意味伝説的カルト映画になっちゃうYO感

ただいま絶賛上映中、スカーレット・ヨハンソン主演『LUCY/ルーシー』が映画自体より、映画を見た人の感想の方がおもしろいことになっています。
(映画も面白いんですよ、もちろん!)

(画像 http://vanityobsession.tumblr.com/ より)


先日、当方もブログにて紹介させて頂きましたが、ネット上はさまざまな感想でカオス状態といった体です。
毎日upされる感想を読んでいるだけでも楽しいです♪
いくつか紹介させていただきますと…

公開から30年! 『ゴーストバスターズ』が帰ってきます!!


なぜ今ゴーストバスターズなのか?

1984年に公開されアメリカだけでなく全世界で大ヒットした「ゴーストバスターズ」。今年8月29日から一週間限定でアメリカ、カナダの700ヶ所の劇場で再公開され、ロッテントマトでも97%という(批評家評価)高評価がされていました。
今、なぜにゴースト・バスターズ?!
と思いましたが、考えてみれば公開されてから今年2014年は30年たつのですね。
というワケで、9月16日に発売されるブルーレイ「ゴーストバスターズ 30周年アニバーサリーエディション」の宣伝を兼ねた限定公開公開だったのです。
久々に30周年記念&宣伝の動画を見たのですが、30年前の映画とは思えないほど斬新!
これ見直してみると面白いと思いますよー。
実は、全米だけではなく日本でも公開されます。



あらためて「ゴーストバスターズ」ってどんな映画だっけ?

ニューヨークのコロンビア大学で3人の教授が超常現象の研究をしていた。女性に目のないピーター(ビル・マーレイ)、ひょうきんなレイモンド(ダン・エイ クロイド)、沈着冷静なイーガン(ハロルド・レイミス)の3人で、市立図書館で幽霊出現というので早速駆けつけた。緑色のもやに包まれた老女の幽霊を見た 3人は、あわてて逃げ出す。大学に戻った3人は首を宣告される。口のうまいピーターに乗せられてレイモンドが自宅を抵当に入れて借金し、ゴーストバスター ズ(=幽霊退治屋)を開業し秘書(アニー・ポッツ)も雇い入れた。お客第1号はチェリストのデイナ(シガニー・ウィーヴァー)で、アパートの冷蔵庫から聞 こえるズールという声とポルターガイスト現象に悩まされるという。数日後、高級ホテルで喰い意地の張った幽霊アグリー・リトル・スパッドを退治して、彼ら の名前は一躍有名になり、商売も大繁盛。
(MovieWalker より)

スタッフ・作品情報
監督  アイヴァン・ライトマン
脚本  ダン・エイクロイド 、 ハロルド・レイミス
製作  アイヴァン・ライトマン
撮影  ラズロ・コヴァックス
音楽  エルマー・バーンスタイン
主題曲 レイ・パーカー・ジュニア

 
キャスト
ピーター・ヴェンクマン博士: ビル・マーレイ
レイモンド・スタンツ博士: ダン・エイクロイド
デイナ・バレット: シガニー・ウィーヴァー
イーガン・スペングラー博士: ハロルド・レイミス
ルイス・タリー: リック・モラニス
ジャニーン・メルニッツ: アニー・ポッツ
ウォルター・ペック: ウィリアム・アザートン
ウィンストン・ゼドモア: アーニー・ハドソン


2014/09/06

「フルートベール駅で」— ある若者のかけがえのない一日の物語


「もっと頑張らなければ 、自分がもっと成長しなければ家族を幸せにできない」
そんな気持ちは、誰でも持ったことがあるはず。私もしょっちゅうそんなことを考えながらダラダラと今に至っています。
「明日こそは...」という気持ちは万人共通です。
本作の主人公オスカーもそんな普通の若者でした。

キャスト
オスカー・グラント:    マイケル・B・ジョーダン
ソフィーナ:    メロニー・ディアス
ワンダ:    オクタヴィア・スペンサー
カルーソ警官:    ケヴィン・デュランド
イングラム警官:    チャド・マイケル・マーレイ
ケイティ:    アナ・オライリー

スタッフ
監督:     ライアン・クーグラー
脚本:     ライアン・クーグラー
製作総指揮:    マイケル・Y・チョウ 、 ボブ・ワインスタイン 、 ハーヴェイ・ワインスタイン
製作:     フォレスト・ウィテカー
撮影:     レイチェル・モリソン
音楽:     ルドウィグ・ゴランソン
原題:     FRUITVALE STATION
製作年:    2013年
製作国:    アメリカ
配給:    クロックワークス
公式サイト: http://fruitvale-movie.com/

2014/09/01

『LUCY/ルーシー』 − 人間はこの先どこに向かうのか?!



公開前から楽しみにしていた「LUCY」見てきました。
ダンナさまもスカーレット・ヨハンソン目当てなのでめずらしく劇場でパンフなど購入しててわたくしちょっと驚きました。
息子も「行きたい!」というので連れて行きました。
面白かったのは帰宅時の車中での会話。

私 「今日の映画は5点満点にすると何点?」
息子 「5点!」
ダンナ 「2点...」(かなりテンション落ちてましたね^^;)





ストーリー
マフィアの闇取引に巻き込まれたルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、特殊な薬が入った袋を体に埋め込まれ運び屋にされてしまう。しかし、体内で薬が漏れたことで彼女の脳機能は驚異的に覚醒。脳科学者ノーマン博士(モーガン・フリーマン)が見守る中さまざまな能力が超人的に目覚める一方、少しずつ人間性が喪失し、自らを制御できなくなっていく。 
(YAHOO映画 より)

キャスト
ルーシー:スカーレット・ヨハンソン
ノーマン博士:モーガン・フリーマン
マフィアのボス:チェ・ミンシク
ピエール・デル・リオ:アムール・ワケド

スタッフ
監督・脚本:リュック・ベッソン
製作:ビルジニー・ベッソン=シラ
撮影:ティエリー・アルボガスト
製作年:    2014年
製作国:    フランス
原題:    Lucy