My Cinema Talk World: 10月 2014

2014/10/29

『アデル、ブルーは熱い色』 ー アデルの圧倒的存在感に酔いしれる3時間



2013年 第66回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でプレミア上映され、最高賞であるパルム・ドールを獲得、史上初めて監督のほかに出演女優の2人(アデル・エグザルホプロス、レア・セドゥ)にもパルム・ドールが贈られました。
劇場で見られずにDVD発売まで待つ計画でしたが英語字幕版DVDで見てみるか…って急に計画を変更してしまいました。
179minuites、約3時間なのですね~、この映画。DVDのパッケージ見て初めて気がつきました。
3時間。長尺ですから心して見ねばと意気込んでいましたが、そんなに長い気がしなかった…

キャスト
アデル・エグザルホプロス - アデル
レア・セドゥ - エマ
ジェレミー・ラウールト - トマ
カトリーヌ・サレ - アデルの母
オーレリアン・ルコワン - アデルの父
サンドール・ファンテック - ヴァランタン

スタッフ・作品情報
監督     アブデラティフ・ケシシュ
脚本     アブデラティフ・ケシシュ ガリア・ラクロワ
原作     ジュリー・マロ『ブルーは熱い色(フランス語版)』
製作     アブデラティフ・ケシシュ ヴァンサン・マラヴァル ブラヒム・シウア
撮影     ソファニ・エル・ファニ
編集     カミーユ・トゥブキス アルベルティーヌ・ラステラ
製作会社     ワイルド・バンチ カス・フィルム
フランス公開日      2013年5月23日(CIFF) 2013年10月9日
日本公開日      2013年10月25日(TIFF)2014年4月5日
製作国     フランス
原題 La vie d'Adèle – Chapitres 1 et 2
公式サイト http://adele-blue.com/



( http://832honey.tumblr.com/ )

2014/10/24

『ディス/コネクト』ー 繋がりたいのに現実に背を向ける人たち。



劇場で観たかった『ディス/コネクト』。DVD化されたので早速見ました。
ネット社会の恐さを描いた作品だという予備知識はあったので何か学ぶことがあるかも?と思い、家人を誘って見ていました。
しかし、一緒に観ていた家人はどうやら途中で飽きてきたようで途中離脱しました。


解説・ストーリー
SNS上で起こった事件をきっかけに、心の絆を取り戻そうとする人々の姿をサスペンスフルに描いた群像ドラマ。ある少年が、SNS上での嫌がらせを原因に 自殺未遂を起こす。しかし、仕事ばかりで家庭を顧みなかった父親は、息子がなぜ自殺を図ったのかがわからない。一方、嫌がらせをしていた少年は、元刑事の 厳格な父との父子家庭で、父親は威厳を示すことで愛情を伝えようとしていたが、少年はそんな父から愛情を感じるとることができなかった。互いの気持ちを知 らずにいた2組の親子を中心に、つながりを求めてネット上をさまよう人々が、事件をきっかけに再び絆を取り戻そうとする姿を描く。監督は長編ドキュメンタ リー「マーダーボール」でアカデミー賞にノミネートされた、ヘンリー=アレックス・ルビン。出演はジェイソン・ベイトマン、アレクサンダー・スカルスガル ド、ポーラ・パットンほか。
映画.com より)

キャスト
    ジェイソン・ベイトマン: リッチ・ボイド
    ホープ・デイビス: リディア・ボイド
    フランク・グリロ: マイク・ディクソン
    ミカエル・ニクビスト: シューマッカー
    ポーラ・パットン: シンディ・ハル
    アンドレア・ライズボロー: ニーナ・ダナン
    アレクサンダー・スカルスガルド: デレック・ハル
    マックス・シエリオット: カイル
    コリン・フォード: ジェイソン・ディクソン
    ジョナ・ボボ: ベン・ボイド
    ヘイリー・ラム: アビー・ボイド
    マーク・ジェイコブス

スタッフ・映画情報
監督:ヘンリー・アレックス・ルビン
製作:
    ウィリアム・ホーバーグ
    ミッキー・リデル
    ジェニファー・モンロー
製作総指揮:
    マーク・フォースター
    ブラッド・シンプソン
脚本:
    アンドリュー・スターン
撮影:
    ケン・セング
美術:
    ディナ・ゴールドマン
衣装:
    キャサリン・ジョージ
編集:
    リー・パーシー
    ケビン・テント
音楽:
    マックス・リヒター
原題 :    Disconnect
製作年:    2012年
製作国:    アメリカ
配給: クロックワークス


2014/10/21

「ツリー・オブ・ライフ」ー あの頃大嫌いだった父さんを赦せるようになったお話



前回はテレンス・マリック監督が若い頃に撮った「地獄の逃避行」について書きましたが、今回は私が一番好きなマリック映画「ツリー・オブ・ライフ」についてつらつら想いのままを綴ってみました。
思い入れが深いだけにかなり長文です。

キャスト
オブライエン(父)     ブラッド・ピット
オブライエン夫人(母)     ジェシカ・チャステイン
ジャック(長男)     ハンター・マクラケン
R.L.(次男)     ララミー・エップラー
スティーヴ(三男)     タイ・シェリダン
祖母     フィオナ・ショウ
後年のジャック ショーン・ペン

スタッフ・作品情報
監督 テレンス・マリック
脚本 テレンス・マリック
製作 デデ・ガードナー、サラ・グリーン、グラント・ヒル
ブラッド・ピット、ビル・ポーラッド
製作総指揮     ドナルド・ローゼンフェルト
音楽 アレクサンドル・デスプラ
撮影 エマニュエル・ルベツキ
編集 ハンク・コーウィン、ジェイ・ラビノウィッツ
ダニエル・レゼンデ、ビリー・ウェバー、マーク・ヨシカワ
製作会社     プランBエンターテインメント リバー・ロード・エンターテインメント
配給      フォックス・サーチライト・ピクチャーズ(ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ 日本)
公開 2011年5月27日(アメリカ) 2011年8月12日(日本)
製作費     $32,000,000
興行収入     $54,303,319


2014/10/16

11月8日公開「嗤う分身」が面白い!



 ストーリー
内気で存在感の薄いダメ男サイモン(ジェシー・アイゼンバーグ)は会社の上司や同僚にバカにされながら毎日を送っていた。コピー係のハナ(ミア・ワシコウスカ)に密かに想いを寄せているが、話しかけることもできない。ある日、新人のジェームズが入社してくる。なんと彼は、サイモンと全く同じ容姿をしていたのだった。相変わらずサエないサイモンに対し、要領がよくてモテるジェームズ。姿形は同じでも性格はまったく正反対の2 人。サイモンはジェームズの行動に翻弄されながら、やがて思いもよらぬ事態へと引きずり込まれていく...。

キャスト・スタッフ・作品情報
原作:フョードル・ドストエフスキー「分身(二重人格)」
監督・脚本:リチャード・アイオアディ『サブマリン』/共同脚本:アヴィ・コリン『ミスター・ロンリー』
製作総指揮:マイケル・ケイン
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、ミア・ワシコウスカ、ウォーレス・ショーン、ヤスミン・ペイジ、ノア・テイラー
2013/イギリス/93分/
配給:エスパース・サロウ
公式サイト:http://waraubunshin-espacesarou.com/



2014/10/14

「地獄の逃避行」ー これがマリックの原点なのか...(まぁ、そうなのだろうな)



ブログ始まって以来の旧い映画を紹介します...なんと、70年代の映画は初めてになります。

ストーリー
退屈な生活を送っていた15歳の少女ホリー(シシー・スペイセク)は、ある日ジェームズ・ディーンそっくりの清掃係の男キット(マーティン・シーン)に声をかけられる。キットのような男がどうしてぱっとしない自分と付き合うのか不審に思ったが、何度も会っているうちに恋心が芽生えた。
看板屋をしているホリーの父親(ウォーレン・オーツ)は2人の関係を知って激怒し、キットに出入り禁止を言い渡す。キットはホリーと共に駆け落ちしようと窓から侵入するも、父親に見つかってしまい、発砲。ガソリンで家を燃やしてホリーと一緒に逃走する。
Wiki より)

キャスト
キット(マーティン・シーン)
ホリー(シシー・スペイセク)
ホリーの父親(ウォーレン・オーツ)

スタッフ・作品情報
監督     テレンス・マリック
脚本     テレンス・マリック
製作     テレンス・マリック
製作総指揮     エドワード・R・プレスマン
音楽     ジェームズ・テイラー、ジョージ・アリソン・ティプトン
撮影     ブライアン・プロビン、ステヴァン・ラーナー、タク・フジモト
編集     ロバート・エストリン
公開      1973年10月15日(アメリカ合衆国)日本未公開




2014/10/13

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」ー 母の形見が泣けてくるぜ



いまさらですが「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」見てまいりました。
劇場での予告編で何度か見ていて面白そうだと気になっていたし、70年代の音楽満載ということでそこにもそそられてチェックしてあったのですがいろいろあって今さら劇場に行った次第。
3D苦手なため2D字幕で見ました。家人を誘ったらお断りされ、字幕は郡山でしかやっていないこともあり、急遽郡山まで車をとばし久しぶりに1人きりで見ることになりました。
郡山駅近辺って久しぶりで新鮮というか、早めに着いたから散策しようかなーなんてブラブラしてたんだけれども、かなりひなびた風情になっていて驚きました。
余談でございました...

ストーリー
1988年。母親が息をひきとった直後。9歳ピーター・クイル(クリス・プラット)は、ヨンドゥ・ウドンタ率いる宇宙海賊ラヴェジャーズによって地球から宇宙に連れ去られてしまう。それから20年後、彼は惑星間を渡り歩くトレジャー・ハンターになっていた。ある日、謎の球体“オーブ”を発見したピーターは換金のためにザンダー星のブローカーを訪れるも、待っていたのは、暗殺者ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)だった。賞金稼ぎのアライグマのロケット(声:ブラッドリー・クーパー)と相棒の樹木型ヒューマノイド、グルード(声:ヴィン・ディーゼル)も仲間に加わって派手な戦いを繰り広げたため、彼らはザンダー星警察に逮捕されてしまう。投獄された4人がそこで出会ったのは、凶暴な囚人ドラックス(デイヴ・バウティスタ)。妻子を殺した犯人の仲間だったガモーラの命を狙うドラックスを、止めるピーター。ガモーラは“闇の存在”を裏切り、その支配から逃れようとしていたのだ。ドラックスも仲間に加わりオーブを換金して金を手に入れたいピーターと仲間たち。それぞれが目的は違っていたが、アライグマのロケットを中心に協力して脱獄する5人だったが…

キャスト
ピーター・クイル/スター・ロード:     クリス・プラット
ガモーラ:     ゾーイ・サルダナ
ドラックス:     デイヴ・バウティスタ
ロナン:     リー・ペイス
ヨンドゥ:     マイケル・ルーカー
ネビュラ:     カレン・ギラン
コラス:     ジャイモン・ハンスゥ
ローマン・デイ:     ジョン・C・ライリー
イラニ・ラエル/ノバの司令官:     グレン・クローズ
コレクター:     ベニチオ・デル・トロ
グルート:     ヴィン・ディーゼル(声のみ)
ロケット:     ブラッドリー・クーパー(声のみ)

スタッフ・映画情報
監督:     ジェームズ・ガン
脚本:     ジェームズ・ガン、ニコール・パールマン
原作:     ダン・アブネット、アンディ・ランニング
製作:     ケヴィン・フェイグ
製作総指揮:     ルイス・デスポジート、アラン・ファイン
ヴィクトリア・アロンソ、ジェレミー・レイチャム
ニック・コルダ、スタン・リー
音楽:     タイラー・ベイツ
撮影:     ベン・デイヴィス[1]
編集:     クレイグ・ウッド、フレッド・ラスキン、ヒューズ・ウィンボーン
製作会社:     マーベル・スタジオズ
配給:     ウォルト・ディズニー・スタジオ
公開:    アメリカ合衆国 2014年8月1日/日本 2014年9月13日