2014/11/24

『そこのみにて光輝く』 ー 邦画にもこういう上質な作品があったのね。。。



タイトルがそそられるなぁーって以前から思っていて、さらに「王様のブランチ」に出演者3人が出て映画が紹介された時点で心がざわざわしていたのだけれど上映館が少なかったのでDVD発売まで待とうということになり、ようやく昨日念願が叶いました。
まず、冒頭の15分ほどで「すごいなぁ、コレ!」ってパンチを一発喰らわされ、ラストシーンまであっという間でした。

ストーリー
定職を持たずぶらぶらとその日暮らしで生活していた達夫(綾野剛)は、パチンコ屋で見るからにヤンキー風のフレンドリーな青年、拓児(菅田将暉)と出会う。拓児に連れてこられたボロい家には、母親、寝たきりの父親、そして姉の千夏(池脇千鶴)がいた。達夫と千夏は互いに惹かれるようになり二人は結ばれる。やがて、達夫は千夏の衝撃的な事実を知る……。

キャスト
    綾野剛(佐藤達夫)
    池脇千鶴(大城千夏)
    菅田将暉(大城拓児)
    高橋和也(中島)
    火野正平(松本)
    伊佐山ひろ子(大城かずこ)
    田村泰二郎(大城泰治)

スタッフ
監督:呉美保
原作:佐藤泰志
脚本:高田亮
音楽:田中拓人
製作:永田守
音楽:田中拓人
撮影:近藤龍人
編集:木村悦子
製作会社:「そこのみにて光輝く」製作委員会
配給:東京テアトル 函館シネマアイリス
公開:2014年4月19日(日本)
タイトル:そこのみにて光輝く(THE LIGHT SHINES ONLY THERE)


ブログランキングならblogram

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


映画 ブログランキングへ

2014/11/16

「6才のボクが、大人になるまで。」ー 自然に流れる時間、少年と家族の12年間。



「6才のボクが、大人になるまで。」公開劇場が少なすぎる!とぶぅたれながら一番近隣上映館である東京まで行ってみてきました。
90年代のようにミニシアター系の映画をもっと上映拡大して幅広い層にみてほしいなぁとつくづく思います。
観る前から知っていたことは、この作品はハリウッド映画的な定型プロットから逸脱しているからそれらに慣れてしまっている人には「何をいいたいのか」という感想しか持たないかもしれないということ。
現に某映画の感想サイトでは
「お金を払って長々と所帯染みた画像を延々と観なければならないの?」
「ただただ長過ぎる」
という感想も見ました…予想通り!

キャスト
エラー・コルトレーン : メイソン・エヴァンス・ジュニア
パトリシア・アークエット : オリヴィア・エヴァンス
ローレライ・リンクレイター : サマンサ・エヴァンス
イーサン・ホーク : メイソン・エヴァンス・シニア
リビー・ヴィラーリ : メイソンの祖母
マルコ・ペレッラ : ビル・ウェルブロック
ブラッド・ホーキンス : ジム
ゾーイ・グラハム : シェーナ
チャーリー・セクストン : ジミー
ジミー・ハワード : ミンディ・ウェルブロック

スタッフ・作品情報
監督・脚本 リチャード・リンクレイター
製作 リチャード・リンクレイター
キャサリン・サザーランド
ジョン・スロス
ジョナサン・セリング
撮影     リー・ダニエル
シェーン・ケリー
編集     サンドラ・アダイア
配給     IFCフィルム(アメリカ合衆国)
ユニバーサル・ピクチャーズ
東宝東和(日本)
公開 2014年1月19日(第30回サンダンス映画祭)
アメリカ公開 2014年7月11日(限定公開)
日本公開 2014年11月14日
原題 Boyhood
公式サイト http://6sainoboku.jp/

ストーリー
父母が離婚し、姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とともに母オリヴィア(パトリシア・アークエット)に引き取られ暮らすメイソンJr.(エラー・コルトレーン)は6才。ある日オリヴィアが祖母が住むヒューストンに引っ越すと言い始める。友人に何の別れも告げられずに旅立つメイソンJr.。ヒューストンに移ると母親は大学に通い、新たに何かに挑戦する様子。
アラスカに旅に出ていた父親 メイソン・シニア(イーサン・ホーク)が戻り、彼らの引っ越し先に定期的にやってきて子供達をボーリングに連れて行ってくれたり楽しいひとときを過ごす。そんな折、大学に通っていた母がウェルブロック教授(マルコ・ペレッラ)となにやらうまくいっているカンジ。教授も離婚し、2人の子持ちである。やがて2人は再婚、それぞれの子供達と一緒に暮らし始めるが…




ブログランキングならblogram

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


映画 ブログランキングへ

2014/11/14

『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』ー 無作為の言葉だからこそ突き刺さることがあります



テイク・ディス・ワルツ」の感想を以前書きましたが、こちらは人生も下り坂の老夫婦の物語です。
サラ・ポーリーが監督した作品を観ると思うのですが、彼女は女性と男性の両方の感性を備えている特殊な人です。ごめんなさい、ゲイとかそういうことを言っているワケではありません。
美しい繊細な風景を描きながらも、そこに立つ人物にかなりグサっとささる一言を言わせてみたり…そんな部分が随所にみられます。

キャスト
    ジュリー・クリスティ:フィオーナ・アンダーソン
    ゴードン・ピンセント:グラント・アンダーソン
    オリンピア・デュカキス:マリアン
    マイケル・マーフィー:オーブリー
    クリステン・トムソン:クリスティ
    ウェンディ・クルーソン:モンペリエ
    アルバータ・ワトソン:ドクター・フィッシャー

スタッフ・作品情報
監督・脚本 サラ・ポーリー
原作 アリス・マンロー『クマが山を越えてきた』
製作 ジェニファー・ワイス、シモーン・アードル
ダニエル・アイロン
製作総指揮 アトム・エゴヤン、ダグ・マンコフ
撮影 リュック・モンテペリエ
編集 デヴィッド・ワーンズビー
配給 ライオンズゲート(アメリカ合衆国の旗)
ヘキサゴン・ピクチャーズ/アニープラネット(日本)
公開 2007年5月4日(アメリカ合衆国・カナダ )
日本公開 2008年5月31日
原題 Away from Her

ストーリー
44年も連れ添ったグラント(グラント・アンダーソン)とフィオーナ(ジュリー・クリスティ)はオンタリオ州に暮らす夫婦。フィオーナには時折アルツハイマーの兆候が現れ始めていた。
自分の症状に気が付いたフィオーナは介護施設に入ることを決意するが、その施設は環境に適応するために最初の30日間は誰にも面会できないという規則があった。グラントはその規則に納得できなかったが、フィオーナのために泣く泣く入居に同意したのだった。
最初の30日間が過ぎ、グラントが妻フィオーナを訪ねると、フィオーナはすっかり彼のことを忘れ、入居者の一人であるオーブリーという男性が夫だと思い込んでいた。愛する妻と他の男性が親密になっていく姿を見たグラントは、フィオーナにとって知人程度の単に覗き見をしているような立場に置かれ、いたたまれない気持ちになる。そんな中、オーブリーの妻が経済的な事情でオーブリーを自宅に引き取ることになる。オーブリーを失い落ち込むフィオーナは、症状が悪化日に日に衰弱してしまうのだった。



2014/11/06

「マップ・トゥ・ザ・スターズ」ー ハリウッドの裏側をシニカルに炙り出した快作(怪作?)



12月に日本公開の「マップ・トゥ・ザ・スターズ」を一足先に観ることができました。

ストーリー
ワイズ一家は原型的なハリウッドの名家。スタンフォード(ジョン・キューザック)はアナリストとメンタル面のコーチを生業(なりわい)にし富を手にしていた。
妻 クリスティーナ(オリヴィア・ウィリアムズ)は、13歳の子役俳優である息子ベンジー(エヴァン・バード)の仕事の世話をしている。
スタンフォードの顧客の一人、女優のハバナ(ジュリアン・ムーア)は母親のクラリス(サラ・ガドン)がスターになるきっかけとなった60年代映画のリメイク版を製作することを夢見ていた。
一方でハバナは毎晩のように亡きクラリスの亡霊に付きまとわれていた。
そんな中、ベンジーは9歳の時に加入したリハビリ・プログラムから抜けてしまう。
ベンジーの姉 アガサ(ミア・ワシコウスカ)は過去に放火事件を起こし自分も半身に火傷を負い治療を受けていが療養所から退院し、ハリウッドにやってくるのだが...

キャスト   
    ジュリアン・ムーア   
    ミア・ワシコウスカ   
    オリヴィア・ウィリアムズ   
    サラ・ガドン   
    エヴァン・バード   
    ジョン・キューザック   
    ロバート・パティンソン

スタッフ・作品情報
監督     :デヴィッド・クローネンバーグ
脚本     :ブルース・ワグナー
原題     :MAPS TO THE STARS
製作年  :2014年
製作国  :カナダ/アメリカ/ドイツ/フランス
日本公開:2014年12月20日



もちろん
ネタバレなしです!

2014/11/03

『Ricky リッキー』ー 超現実的ストーリー。現代女性の母性の欠失を描いてる?!



ストーリー
カティは7歳の娘リザと2人暮らしのシングルマザー。工場に勤める彼女はある日、新入りのスペイン人パコと出会いたちまちエッチ...そして妊娠。
パコはカティの家に住むようになるが、娘リザとはギクシャクしてうまくいかない。そんな家族に赤ちゃん“リッキー”が生まれる。そのうちリッキーの背中にアザを見つけるカティは、パコが虐待したと疑いだし怒ったパコは家を出て行く。しばらくすると、リッキーの背中から小さな翼が生え始め、翼はどんどん大きくなる。部屋の中を危なっかしく飛び回るようになるリッキー。世間に知られては大変と、必死にリッキーの翼を隠し続けるカティとリザだった…。

スタッフ・作品情報
監督     フランソワ・オゾン
脚本     フランソワ・オゾン エマニュエル・ベルンエイム
原作     ローズ・トレメイン
製作     クローディ・オサール、クリス・ボルズリ、ヴィエリ・ラッツィーニ
音楽     フィリップ・ロンビ
撮影     ジャンヌ・ラポワリー
編集     ミュリエル・ブルトン
公開      2009年2月11日(フランス) 2009年10月9日(イタリア)
日本公開 2010年11月27日