My Cinema Talk World: 「MOZU シーズン1 ~百舌の叫ぶ夜~vol.2」感想

2015/02/25

「MOZU シーズン1 ~百舌の叫ぶ夜~vol.2」感想



「MOZU シーズン1 ~百舌の叫ぶ夜~vol.2」を見た。
「なぜvol.2から?」というと単にレンタル屋さんにvol.1がなかったから。
ノーランの「ダークナイト」の影響を受けていると以前、どこかのサイトで見た気がする。
どうだろうか?「ダークナイト」の影響を受けているとすれば、テンポ、展開遅くて何回もあくびが出てくるところ...か。
それじゃ、ジョーカー役はいったい誰か?バットマン役は?
そこまで見ていないので正直なところよくわからないが、始終暗い表情の西島さんがバットマンなんだろうな。
で、ワケ分からん得体の知れない男、長谷川博己演じる東がジョーカーなのか??
借りてきているにもかかわらず、
「それじゃ、エピソード3見るかぁ!」って立て続けに見る気になれない作品なのである。
まぁ、近いうちにエピソード1をレンタルして来てみる予定ではあるが、テンションが上がらない作品である。
こういう類いのドラマ、しかも西島秀俊が出演していたフジテレビのドラマ「ストロベリーナイト」の方が比べ物にならないほど面白いと思う。
ともかく「MOZU」に話を戻すと、西島演じる倉木が常に虚ろで暗くて、池松壮亮演じる怪しげな男よりもより怪しくて怖いんですよ
で、私ふだんは映画に喫煙シーンがあってそれがどうこう言うことはないのだが、このドラマはやたらと喫煙シーンが多すぎる!
見ているこちらまで、咳き込みそうになる...まぁ、画面の向こうのなので健康に害はないだろうけど。
致命的なのは脚本がよろしくない、セリフが堂々巡りなのだ。
「結局、何言ってるの?」って感じるし、演技者もただ単に台本を読んでるだけのような棒読み状態でこれも話に入り込めない一因だろう。
顕著なのは、西島秀俊と真木ようこの2人。
こんな演技だったっけ?他のドラマでも??
まぁ、どうあれシーズン1はすべて見る予定だ。
ちなみに脚本は誰なのか?仁志光佑...無名?
いや、過去の仕事を見ると嵐の大野クンが主役のドラマ「鍵のかかった部屋」の 第6話(密室劇場)を書かれた方のようだ。視聴率は若干芳しくなかったようだ。

それと、西島さんがタクシーに乗るシーンで
「もっとスピード上げてください」
「右折車線に入って...(信号が赤になると同時に)直進して!」
ってかなりに危険行為を指示されるがままに運転している従順なタクシーの運転手がどうかと思いましたね。
(突っ込むところじゃないのかもしれないけれど)




ブログランキングならblogram

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


映画 ブログランキングへ