My Cinema Talk World: 6月 2016

2016/06/21

アントン・イェルチンとの出会い。


長い年月を生きていると他の国のキリスト教徒のようにただひたむきに神を信じたい時がある。
神を信じるためには、「神が人々に為すことは絶対正しいものでなければならない」と考えていた時期があった。
神を信じる者は、時として“神”の存在に疑念を抱くこともあるのだろうか。
疑念を募らせながらも、信じることは続けるのだろうか。

テレンス・マリックの『ツリー・オブ・ライフ(2011)』では
「災いは善なるものにも訪れる」
とヨブ記を引用している。
ああ、神さまは善人にも心ない死を与え賜うのか!それならば...善人も悪人も同じ扱いなら、どう生きてもいいじゃないか!
そんな稚拙な思考に走りはするが、どうやらとりあえずの倫理観は中途ハンパに備わっているようだ。
この年齢になっても尚、人の死を受け入れられない時がある。
いくつもの死を経験していながらも、一定の時間を経ても人の死と折り合いをつけられない自分がいる。
「なぜ、あんなに素晴らしい人がこんな不可解な死を迎えなければならないのか?」
ちょうど二ヶ月前に、こんな想いに押しつぶされそうになる事件があった。
今、それを乗り越えたかといえば、乗り越える為に大きな岩に必死にしがみついている状態なのかもしれない。
少々前置きが長すぎました...

昨日、再び心ない神に裏切られたという気持ちにさせられる事件が起きた。
若い魂が悲惨な事故で奪われてしまった…アントン・イェルチン、27歳。
事件の詳細を改めて記すことは避けたい、逝ってしまった事実だけを粛然と受け止めるだけにとどめたい。