My Cinema Talk World: ザ・ギフト(The Gift) − 全ての原因はお前だったのか?!

2017/04/22

ザ・ギフト(The Gift) − 全ての原因はお前だったのか?!


以前、テレビの映画紹介コーナーで「王様のブランチ」です!...紹介されていてとても気になっていた作品です。
DVD化されて、とうとう見ることができました。


テレビで紹介されていた感じだと、ストーカー絡みの話かなと予想はしていましたが、ある意味予想外の方向に進んでいきました。

ストーリー
サイモン(ジェイソン・ベイトマン)とロビン(レベッカ・ホール)は、引っ越してきたばかりの土地で幸せいっぱいな日々を送っていた。
悩みといえば、子供ができないことくらいだった。
そんな彼らの前に、サイモンの高校の同級生ゴード(ジョエル・エドガートン)が現れる。
食事に誘い別れた矢先、ゴードから1本のワインをプレゼントされる。
それをきっかけに家を訪ねては贈り物をし続けるゴード。
サイモンは実は高校時代ゴードは変わり者で、あまり関わりたくないことをロビンに打ち明ける。
ゴードの行動が次第にエスカレートしていき、二人が違和感を抱くようになるり、周囲で異変が生じ始める。

キャスト
サイモン - ジェイソン・ベイトマン
ロビン - レベッカ・ホール
ゴード - ジョエル・エドガートン
ルーシー - アリソン・トルマン
ケヴィン・“KK”・ケラー - ティム・グリフィン
ダフィー - ビジー・フィリップス
ロン - アダム・ラザール=ホワイト
ウォーカー刑事 - ボー・ナップ
ミルズ刑事 - ウェンデル・ピアース

スタッフ・作品情報
監督: ジョエル・エドガートン
脚本: ジョエル・エドガートン
製作: ジェイソン・ブラム
レベッカ・イェルダム
ジョエル・エドガートン
撮影: エドゥアルド・グラウ
編集: ルーク・ドゥーラン
公開:
2015年8月7日(アメリカ)
2016年10月28日(日本)

原題 The Gift

幸せな夫婦に忍び寄る不気味な影

ゴード役のジョエル・エドガートンが監督を務めたサスペンスです。
ジョエル・エドガートンといえば、先日見た『ミッドナイト・スペシャル(2016:ジェフ・ニコルズ監督作)』にも出演していました。
その目がとても怖い...ギラギラした怖さじゃなく、何を考えているのかわからない不穏な光をたたえた目です。
ストーカーとも思える行動をとり幸せな夫婦につきまとう不気味な男。
このまま、サイコパス男のストーカー行為がエスカレートしてハラハラドキドキの度合いが高まるかと思いきや、実は
ロビンは、過去に精神安定剤を過剰に摂取していた時期があり、ようやくそれを乗り越えここまできたのですが、ゴードが絡む事件で再びおかしくなり、薬に頼るようになります。
わけがわからなくなり、一体誰がおかしいの?
という疑念にかられるようにもなります。ロビンも見ている私たちもです。

結局は誰がおかしいのか?
ネタバレに近いですが、これだけヒントとして書いてしまいます!
全てゴードが変わり者で、幸せなサイモンを妬んでの所業なのかと思っていたら、実は一番の悪いやつ、とんでもないサイコが他にいたのでございます。
タイトルの『ザ・ギフト』とは、そういう意味だったのか~と納得できるのです、ラストでね。

本作のヒントとなるキーワードは、
“いじめっ子(Bully)”と
“逆転”
そして
“あなたが寝てる間に”
かな

ロビン役の女優さんが、80年代『シャーキーズ・マシーン』とか『カリブの暑い夜』のレイチェル・ウォードを思わせる美しさで、素敵でした💕

0 件のコメント :