My Cinema Talk World: 7月 2017

2017/07/30

君が生きた証 ― それぞれが踏み出す一歩


DVDが発売されてすぐレンタルして鑑賞。
そのまま、感想を書かずにいるうちNetflixで見ることになりました。
音楽がいいのと、ビリー・クラダップがカッコいい!
そして、やはりアントン・イェルチンを偲んでしまった。


君が生きた証(原題: Rudderless)

監督:ウィリアム・H・メイシー / 製作年:2014年

ストーリー
広告業界で働くサム・マニング(ビリー・クラダップ)は仕事の業績も上々、順風満帆だった。
そんなある日、突然生活が暗転する ――
大学生の息子ジョシュ(マイルズ・ハイザー)が、銃乱射事件でこの世を去ってしまったのだ。
心はズタズタ…マスコミに追われ、酒に溺れる日々。
2年後 ―― サムは会社を辞め、ペンキ塗りをしながら湖に浮かぶボートで生活していた。
元妻(フェリシティ・ハフマン)が整理し持ってきた息子の遺品の中に、生前彼が作詞作曲し、録音したテープがあった。
それを聴きながら、息子が発していた声を感じていた。
行きつけのバーで催しているバンドのオーディションでジョシュが作った曲を演奏したサムに、「感動した」と声をかけてきた若者がいた――
バイトをしながらバンド活動をするクェンティン(アントン・イェルチン)だった。

キャスト
サム / ビリー・クラダップ
ジョシュ /  マイルズ・ハイザー
クエンティン /  アントン・イェルチン
エミリー /  フェリシティ・ハフマン
デル /  ローレンス・フィッシュバーン
トリル /  ウィリアム・H・メイシー
ウィリー(ベース) /  ベン・クウェラー
エイケン(ドラム) /  ライアン・ディーン
ケイト・アン・ルーカス /  セレーナ・ゴメス
リサ・マーティン /  ジェイミー・チャン

スタッフ・作品情報
監督・脚本:
ウィリアム・H・メイシー

脚本:    ケイシー・トゥウェンター
ジェフ・ロビソン

製作:
キース・キャラヴァル
ブラッド・グレイナー
ジェフ・ライス

音楽:
イーフ・バーズレイ
サイモン・ステッドマン
チャールトン・ペッタス
フィンク

撮影:
エリック・リン

配給:
ザ・サミュエル・ゴールドウィン・カンパニー
ファントム・フィルム(日本)

原題:Rudderless

2017/07/25

ナイル殺人事件 ― まんまと犯人を忘れましたぁ


子供の頃、劇場で見て以来の『ナイル殺人事件』をひっさびさに見てみました。
当時は、映画のCMで流れる
♪〜ミステリーナイィール〜♪
を聴いて映画の一場面を見て、まだ見ぬ映画本編とエジプトに想いを馳せ、劇場に行くまでいても立っても入られませんでした、懐かしい!
久々にDVDで見始めて、ふと気付きました ―― 犯人が誰だったのかまんまと忘れてしまったのです。

ストーリー
巨額の遺産相続人になったアメリカ生まれのリネット(ロイス・チャイルズ)は親友ジャクリーン(ミア・ファロー)から婚約者サイモン(サイモン・マッコーキンデール)が失業したから助けてほしいと相談される。
リネットはサイモンに会い、なぜか彼女はサイモンとの電撃結婚を発表する。
その後夫妻は、エジプトに新婚旅行に出るが、行く先々にジャクリーンが姿を現すのだった。

キャスト
エルキュール・ポアロ - ピーター・ユスティノフ
リネット・リッジウェイ・ドイル - ロイス・チャイルズ
サイモン・ドイル - サイモン・マッコーキンデール
ジャクリーン・ド・ベルフォール - ミア・ファロー
ルイーズ・ブルジェ - ジェーン・バーキン
アンドリュー・ペニントン - ジョージ・ケネディ
マリー・ヴァン・スカイラー - ベティ・デイヴィス
バウァーズ - マギー・スミス
サロメ・オッタボーン - アンジェラ・ランズベリー
ロザリー・オッタボーン - オリヴィア・ハッセー
ジョニー・レイス大佐 - デヴィッド・ニーヴン
ジェームズ・ファーガスン - ジョン・フィンチ
ベスナー医師 - ジャック・ウォーデン
ロックフォード - サム・ワナメイカー

スタッフ・作品情報
監督:    ジョン・ギラーミン
脚本:    アンソニー・シェーファー
原作:    アガサ・クリスティ
『ナイルに死す』
製作:    ジョン・ブラボーン
リチャード・グッドウィン
音楽:    ニーノ・ロータ
撮影:    ジャック・カーディフ
編集:    マルコム・クック
製作会社:    EMI Films
Mersham Productions
公開:    1978年9月29日(アメリカ)
     1978年12月9日(日本)
原題:    Death on the Nile

2017/07/23

ペーパーボーイ 真夏の引力 ― 20歳男子、最初で最後の恋


なんでかなぁ。
全然評価されてないんです、この映画!
みる人のほとんどが、原作(原作 ピート・デクスター)に忠実なクライム・サスペンスとして見ている人が多いようです ――

ペーパーボーイ 真夏の引力(原題: The Paperboy)

監督:リー・ダニエルズ / 製作年:2012年


ストーリー
1969年フロリダ、問題をおこして大学をやめたジャック(ザック・エフロン)は、父親が経営する地方紙で新聞配達を手伝う日々を送っていた。
そんな中、マイアミで新聞記者をする兄ウォード(マシュー・マコノヒー)が、過去に起こった殺人事件で死刑の判決が出たヒラリー(ジョン・キューザック)が無罪かもしれないという取材をするため、同僚のヤードリーとともに故郷に帰ってくる。
ジャックは、雑用係として兄の手伝いをはじめる。
ある日ヒラリーの婚約者を名乗るシャーロット(ニコール・キッドマン)が訪ねてくる。
ジャックは親子ほども年上の彼女に魅かれていくのだった。

キャスト
ザック・エフロン/ジャック
ニコール・キッドマン/シャーロット
マシュー・マコノヒー/ウォード
ジョン・キューザック/ヒラリー・ヴァン・ウェッター
メイシー・グレイ/アニタ
デヴィッド・オイェロウォ/ヤードリー
スコット・グレン/W.W
ネッド・ベラミー/タイリー・ヴァン・ウェッター
ニーラ・ゴードン/エレン

スタッフ・作品情報
監督・脚本:
リー・ダニエルズ

製作:
リー・ダニエルズ
エド・カゼル3世
カシアン・エルウィズ
ヒラリー・ショー

製作総指揮:
ダニー・ディムボート
トレヴァー・ショート
ジョン・トンプソン
ボアズ・デヴィッドソン
マーク・ギル
ヤン・デ・ボン

原作・脚本:
ピート・デクスター

音楽:
マリオ・グリゴロフ

配給:
ミレニアム・フィルムズ
日活

原題:The Paperboy

2017/07/16

パンチドランク・ラブ ― 異常なのは彼じゃない!


初めて見た時の「なんだコレ感」がたまらなかった作品です。
なぜだか見るたび好きになる不思議な映画です。

パンチドランク・ラブ(原題:Punch-Drunk Love)

監督:ポール・トーマス・アンダーソン / 製作年:2002年

ストーリー
バリー(アダム・サンドラー)は、トイレの吸引棒を扱う小さな会社を経営している。
彼は口うるさい7人の女兄弟に囲まれて育ってきた。
楽しみといえば航空会社のマイレージの特典付きプリンを買うこと。
そんなバリーに様々な事件が一気に起こり始める。
姉の同僚リナ(エミリー・ワトソン)と出会い恋が発展していくかと思いきや、不覚にも一度電話したテレフォン・セックスの相手から何度も電話がかかってくるようになり、思いもよらない事件に発展していく。

キャスト
バリー・イーガン:     アダム・サンドラー
リナ・レナード:     エミリー・ワトソン
ディーン・トランベル:     フィリップ・シーモア・ホフマン
ランス:     ルイス・ガスマン
エリザベス:     メアリー・リン・ライスカブ

スタッフ・作品情報
監督     ポール・トーマス・アンダーソン
脚本     ポール・トーマス・アンダーソン
製作     ポール・トーマス・アンダーソン
ダニエル・ルピ
ジョアン・セラー
音楽     ジョン・ブライオン
撮影     ロバート・エルスウィット
原題     Punch-Drunk Love