My Cinema Talk World: ミスト ― ラストの後味の悪さはピカイチ

2017/08/20

ミスト ― ラストの後味の悪さはピカイチ


宗教か信念か?! 閉塞状態に陥った人間の有様。あり得ないラストに絶句


「ミスト」初めて見ました。
たまたま、つけたFOXムービーで偶然に一場面みて面白そう…ってことで。
あれ、スティーヴン・キング原作かぁって感じで見始めて、あっという間に信じられない展開になっていきました。

ミスト(原題: The Mist)

監督: フランク・ダラボン / 製作年:2007年

ストーリー
田舎町を激しい嵐が通り過ぎた。
その翌日デヴィッド(トーマス・ジェーン)と妻ステファニー(ケリー・コリンズ・リンツ)は湖の向こうに見える異様な霧を眺めながら不気味さを感じる。
デヴィッドは息子ビリー(ネイサン・ギャンブル)と2人でスーパーマーケットへ買い出しに出掛ける。
さっき見た濃い霧はほどなく客でごった返すマーケットにまでやってきて、やがて町全体を覆っていた。
霧を目の前に人々がマーケットに缶詰状態になっている最中、デヴィッドは霧の中に不気味な触手生物を発見する。
彼の話を聞いた人たちは店の中からバリケードを作ったり武器になる物をかき集める。
一方、スーパーマーケットに来ていた骨董品店の女主人カーモディは狂信めいた言葉で周囲の不安を煽りたてるのだった。
その夜、とうとう霧の中の生物たちが襲撃し、店内は大混乱になる...

キャスト
トーマス・ジェーン/   デヴィッド・ドレイトン
マーシャ・ゲイ・ハーデン/   ミセス・カーモディ
ローリー・ホールデン/   アマンダ・ダンフリー
アンドレ・ブラウアー/   ブレント・ノートン
トビー・ジョーンズ/   オリー・ウィークス
ウィリアム・サドラー/   ジム・グロンディン
ジェフリー・デマン/   ダン・ミラー
フランシス・スターンハーゲン/   アイリーン・レプラー
アレクサ・ダヴァロス/   サリー
ネイサン・ギャンブル/   ビリー・ドレイトン
クリス・オーウェン/   ノーム       

スタッフ・作品情報
監督:    フランク・ダラボン   
製作:    フランク・ダラボン    リズ・グロッツァー   
製作総指揮:    リチャード・サパースタイン    ボブ・ワインスタイン   
ハーヴェイ・ワインスタイン   
共同製作:    デニース・ハス   
原作:    スティーヴン・キング   
『霧』(扶桑社刊『スケルトン・クルー1 骸骨乗組員』)
脚本:    フランク・ダラボン   
撮影:    ロン・シュミット
編集:    ハンター・M・ヴィア   
音楽:    マーク・アイシャム
公開:    2007年11月21日(アメリカ)
             2008年5月10日(日本)
原題:The Mist

スーパーマーケットに缶詰状態の人々が次々に消えていく

via GIPHY

大勢が一つの建物に軟禁状態のシチュエーションを始め、信じられない生物がやって来てパニック状態 ――
小学校のときに夢中になって読んだ楳図かずおの「漂流教室」を思い出した。

霧の正体は?
そして不気味な生物の正体 ―― 霧との繋がりは??

via GIPHY

人が次々に死んでいく常軌を逸した事態に、閉塞状態の人々は冷静でいられるはずはない。
人はこの異常事態にどう向き合うのか?
途中まで見て
あぁ…
この映画は一見ホラー映画に見えて、そうじゃないんだ。
ということに気づくだろう。
限界まで追い詰められたとき、宗教にしがみつく人がいれば、人間の弱みに付け込みそれを利用して不安を煽り立てる人もいる。
ミセス・カーモディ(マーシャ・ゲイ・ハーデン)は、聖書を引用して一連の出来事は神のなせる業であるなどと不安に陥れる。
デヴィッドのように宗教を頼ることはせずに、自分の信念に従って行動をする人もいる。
誰が正しいとは、映画では示すことはない。
あえて、見る人を突き放した絶望的なラストで締めくくる ――

カーモディが打たれるシーンに思わずホッとしてしまう...

via GIPHY

デヴィッドだけが呆然と佇む目の前を、不幸を逃がれた人々を乗せたトラックと軍の装甲車が通り過ぎる。
暗転したのちも音だけが静かに流れ続けるエンドロールの余韻は、「アメリカン・スナイパー」を凌ぐものだ。
これほどの絶望はないだろう。

ハッピーエンドに纏まると、安っぽい 。
しかし、この終わり方はなかろう ――
ツリー・オブ・ライフ」の中のヨブ記のように
“ 災いは善なるものにも訪れる ”
なのだろうか。


via GIPHY

ちなみにマーシャ・ゲイ・ハーデンは、同年公開された「イントゥ・ザ・ワイルド」で主人公の母親役で名演を見せている。
このギャップに少なからず驚いてしまう。

久しぶりに「漂流教室」 も読み直したくなりました🙂

「イントゥ・ザ・ワイルド」でのマーシャ・ゲイ・ハーデン




          


0 件のコメント :