My Cinema Talk World: 愚行録 ― この世界は「格差社会」ではなく「階級社会」だ

2017/09/03

愚行録 ― この世界は「格差社会」ではなく「階級社会」だ

 

だいぶ前に、Huluで尾野真千子主演の『フジコ』というドラマを見ました。
一家惨殺事件から生き残った1人の少女のお話でした。
イヤミス呼ばれる小説の映像化です。
本作『愚行録』も同名小説の映画化で、一家惨殺事件を多面的に描いた作品です。

愚行録

監督: 石川慶 / 製作年:2016年


ストーリー
ある一家を襲った惨殺事件。被害者はエリートサラリーマンの田向浩樹(小出恵介)を筆頭に、美しい妻 友季恵(松本若菜)と1人娘の3人だった。
その後捜査は難航。
そんな田向一家殺害事件の真相を突き止めようと動き出した週刊誌の記者がいた ―― 田中武志(妻夫木聡)だった。
彼は子供の頃から妹 光子(満島ひかり)とともに親に虐待され、光子は育児放棄で我が子を瀕死の状態に追い込み留置されているという闇を抱えていた。
田向夫婦を取り巻く人間関係を追うに従い、幸せで何の曇りも見えるはずのない彼らには、それぞれ闇があることを突き止めていく田中。
恨み、憎しみ、嫉妬…負の連鎖が渦巻き、事件は田中をも巻き込み恐ろしい展開になる……。

キャスト
・田中武志/妻夫木聡
・田中光子/満島ひかり
・田向浩樹/小出恵介
・夏原友李恵(田向の妻)/ 松本若菜
・宮村淳子/ 臼井あさみ
・稲村恵美/ 市川由衣
・尾形孝之/ 中村倫也

スタッフ
監督:     石川慶
原作:     貫井徳郎
脚本:     向井康介
音楽:     大間々昂

製作年度     2016年
上映時間     120分



光子の弁護士役の濱田マリ
『悪人』では、金髪でGT-Rに乗った無口な男役の妻夫木さんに殺されてしまった満島ひかりさんでしたが、今回は兄妹役です。
『愚行録』が公開されて間もなく、小出恵介さんが或る問題を起こして、上映が途中で打ち切りになってしまったようです。
その小出恵介演じる田向という男が、エリートの皮を被った最低男でして...リアリティあるしで、見ていて笑ってしまいそうだけどそれもなんだかなぁというカンジで、ちょっと複雑でした。
旦那さんだけでなく、妻の友季恵がこれまた優しい顔をした魔女のような女で、その周りにハエのごとくイヤな奴ばかり集っています。
出てくる俳優、皆、イヤな人間を半端ない演技力で演じきっています。
特に、宮村淳子(臼田あさ美) ―― あの演技は、脳裏に焼き付いて離れません。
取材を通して、しれーっと
「ああいう死に方って夏原さんらしいと思ったんですよね」
とか、田中がピクピクっと引きつるようなセリフを残しています。
臼田あさ美に関しては、今後憎まれ役専門女優になるんじゃないかと心配になるくらいです。

恐ろしいくらい迫真の演技、臼田あさ美


田向夫婦の過去を追っていくと周りは、自己顕示欲とエゴの絡み合いで、その犠牲になって何人かはかなり心に傷を追っているかと思います。
その中に田中に関わる人間がいて、冷静に取材していた彼も途中でいきり立って、とんでもないことに ――
その先は、ネタバレになるので言えません!
満島ひかりの指が印象的なシーン
実は、人格が破綻しているような田向よりもさらに恐ろしさが見え隠れしているのが、田中と妹 光子です。
冒頭のバスの中での田中のある行動には、思わず「え?」という感じになりますし、光子の虚ろな目がなんとも得体が知れなくて怖いのです。

「秘密は大好きだよ」
と繰り返す光子に、隠微さを孕んだ何かが見え隠れしています。
光子だけでなく、田中兄妹の目の中には生きることを半分見限ってしまったような、空っぽさを感じるんですね。
この映画、イヤミスに入ると言えばそうなのかもしれないけれど、いくつか心に残るセリフがあります。

臼田あさ美演じる宮村淳子がいう
「日本は格差社会じゃなくて、階級社会なんですよ」

そして、田中の
「人生は平等だなんて思ってないけど、希望くらい持ってもいいじゃないですか。
その希望すら打ち砕く悪魔のような人間がこの世にはいるんです」

田中にとっての“悪魔のような人間”とは誰なのか。

一家惨殺事件の背景には、階級社会という目に見えない問題が関わっている気がします。
宮村淳子や夏原友李恵が通う大学には、スクールカーストとは別の階級社会が存在していました。
他の地域から実力で大学に合格した生徒は、付属の学校からエスカレーター式に入学した生徒(内部生と呼んでいる)よりも下の地位になるというものです。
そんな人間の愚かさ・醜さを描いてはいますが、内実はもっと社会全体に問いかけてくる作品です。
ラスト20分で怒涛のように衝撃がやってきます。

満島ひかりが、少し前に資生堂「専科」のCMに採用された理由が、この映画をみてよーくわかりました。
1人語りは、この人の右に出る人はいないと思いました。

涙涙のとんこつ娘、満島ひかり



「3度の衝撃!」愚行録 予告編




0 件のコメント :